Nightly Rust

Rustにはnightly、beta、stableという3種類の配布用チャネルがあります。不安定なフィーチャはnightlyのRustでのみ使えます。詳細は「 配布物の安定性 」をご覧ください。

nightlyのRustをインストールするには rustup.sh を使って以下のようにします。

$ curl -s https://static.rust-lang.org/rustup.sh | sh -s -- --channel=nightly

もし curl | sh の使用による 潜在的な危険性 が気になる場合は、この後の注意書きまで読み進めてください。また、以下のように2段階のインストール方法を用い、インストールスクリプトを精査しても構いません。

$ curl -f -L https://static.rust-lang.org/rustup.sh -O
$ sh rustup.sh --channel=nightly

Windowsの場合は 32bit版インストーラ あるいは 64bit版インストーラ をダウンロードして実行してください。

アンインストール

もしRustが不要だと判断した場合、残念ですが仕方がありません。万人に気に入られるプログラミング言語ばかりとは限らないのです。アンインストールするには以下を実行します。

$ sudo /usr/local/lib/rustlib/uninstall.sh

Windows用のインストーラを使用した場合は、 .msi を再実行しアンインストールオプションを選択してください。

curl | sh を行うように書いたことについて、(当然のことですが)戸惑った方がいるかもしれません。基本的に curl | sh を行うということは、Rustをメンテナンスしている善良な人々がコンピュータのハッキングなど何か悪いことをしたりしないと信用する、ということです。ですので戸惑った方はよい直感を持っているといえます。そのような方は ソースコードからのRustビルド あるいは 公式バイナリのダウンロード を確認してください。

ここで公式にサポートするプラットフォームについても述べておきます。

Rustではこれらのプラットフォームの他、Androidなどいくつかのプラットフォームについても幅広いテストが行われています。しかし、後者については(訳注:実環境での使用実績が少ないという意味で)テストし尽くされているとは言えず、ほとんどの場合動くだろう、という状態です。

最後にWindowsについてです。RustはWindowsをリリースする上での1級プラットフォームだと考えています。しかし、正直なところ、Windowsでの使い勝手はLinux/OS Xのそれと同等というわけではありません。(そうなるように努力しています!) もしうまく動かないことがあれば、それはバグですのでお知らせください。全てのコミットは他のプラットフォームと同様にWindowsに対してもテストされています。

Rustのインストールが終われば、シェルを開いて以下のように入力してください。

$ rustc --version

バージョン番号、コミットハッシュ、コミット日時、ビルド日時が表示されるはずです。

rustc 1.0.0-nightly (f11f3e7ba 2015-01-04) (built 2015-01-06)

これでRustのインストールはうまくいきました!おめでとう!

インストーラはドキュメントのローカルコピーもインストールするので、オフラインでも読むことが出来ます。UNIXシステムでは /usr/local/share/doc/rust に、WindowsではRustをインストールしたディレクトリの share\doc ディレクトリに配置されます。

もし上手くいかないなら様々な場所で助けを得られます。最も簡単なのは Mibbit からアクセス出来る irc.mozilla.orgにある#rustチャネル です。リンクをクリックしたら他のRustacean達(我々のことをふざけてこう呼ぶのです)にチャットで助けを求めることができます。他には ユーザフォーラムStack Overflow などがあります。