プログラミング言語Rust

ようこそ!この本はプログラミング言語Rustの教材です。Rustは安全性、速度、並行性の3つのゴールにフォーカスしたシステムプログラミング言語です。 ガーベジコレクタなしにこれらのゴールを実現していて、他の言語への埋め込み、要求された空間や時間内での動作、 デバイスドライバやオペレーティングシステムのような低レベルなコードなど他の言語が苦手とする多数のユースケースを得意とします。 全てのデータ競合を排除しつつも実行時オーバーヘッドのないコンパイル時の安全性検査を多数持ち、これらの領域をターゲットに置く既存の言語を改善します。 Rustは高級言語のような抽象化も含めた「ゼロコスト抽象化」も目標としています。 そうでありつつもなお低級言語のような精密な制御も許します。

「プログラミング言語Rust」は8つの章に分かれます。このイントロダクションが一番最初の章です。 この後は

このイントロダクションを読み終えたら「Rustを学ぶ」か「シンタックスとセマンティクス」に好みに応じ進んで下さい。 プロジェクトを使って進めたいなら「Rustを学ぶ」を、次に進む前に小さく始めてそれぞれの概念を徹底して学びたいなら「シンタックスとセマンティクス」を選んで下さい。 大量のリンクでそれぞれの部分が相互に繋がっています。

貢献する

本書を生成するのに使われたソースは以下から入手出来ます GitHub.

訳注: 日本語の翻訳文書は以下から入手出来ます。 GitHub.